実行委員長挨拶

 
 
平成28年度KVA祭を迎えるにあたって
KVA祭実行委員会 委員長  
大塩 健一  
 
 本日は、KVA祭に御来場いただきまして、誠にありがとうございます。
 
 私達は、今年も更なるKVA祭の発展と盛況を目指すため、実行委員一人一人が知恵を振り絞り、
協力し合いながら今日まで全力を尽くして参りました。また、今まで先輩方が築き上げてくださった
ものが糧となり、実行委員一同奮起しております。
 
 今年から学科名が「経営情報学科」から「ビジネスデザイン学科」となり、筑波学院大学は新たな
スタートを切りました。
 そこでKVA祭も今年のテーマを「Shining Future」とし、輝かしい未来を目指し実行委員一人一人
が新しいKVA祭を作り上げてきました。新しくスタートを切った筑波学院大学に合わせ、学生達も
新しいことに挑戦していきたいと考えています。
 
 今年から新しく1年生の必修の授業でKVA祭に出し物を出す。という内容の授業があります。
昨年まで高校生だった1年生達はグループを作りアイデアを出し合い、試行錯誤して今日という日を
迎えました。イベント、模擬店、展示など様々な分野で1年生の半年間の努力を見ることが出来ます。
 もちろん2、3、4年生も今まで本学のサークル活動、ゼミ等で経験してきた事の成果を発揮出来る
ように全力でKVA祭に臨んでいます。
 学生達の様々なイベント、模擬店、展示から本学の雰囲気を味わっていただけると幸いです。
 
 最後となりますが、平成28年度筑波学院大学KVA祭を開催するにあたり、ご協力・ご尽力いただき
ました、後援会・光塩会・近隣の企業の皆様方、ならびにKVA祭に関わっていただいた全ての皆様に
心より厚く御礼申し上げます。